保育士になるには

MENU

保育士になるには【資格取得を目指す人が読むサイト】

最短で保育士になるには?

保育士を目指す方の中には、「出来るだけ早く保育士として働きたい!」とお考えの方もおられると思います。

 

保育士の資格が国家資格であると聞いただけでも、社会人の方々にとっては、「今からまた大学に通うの?!」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、出来るだけ早く保育士として活躍するにはどのような方法があるのか、ご紹介します。

 

通信講座を受講して国家試験を受験!

まず、保育士の資格を取得するには、2つのルートがあります。

 

1.厚生労働省に指定された保育士養成校を卒業
2.通信講座を受講し、保育士試験(国家試験)を受験

 

1,保育士養成校を卒業

指定された専門学校・短大・大学を卒業するだけで保育士の資格が取得出来ますが、専門学校・短大で2年かかり、大学では4年かかります。

 

主婦の方や社会人の方にとっては、家事をしながら若しくは、仕事をしながら、このような養成校に通うのは時間の面でもお金の面でもなかなか難しい部分があるというのが現実です。

 

2,保育士試験を受験

何も通信講座を必ず受講しなくてはならないということではありません。ただ、保育士試験を受験するためには、やはり勉強が必要となりますので、通信講座でしっかりと学んだほうが得策です。

 

独学というスタイルでの受験も可能ですし、通信講座であれば空いた時間に効率よく勉強が出来る上、資格取得までにかかる時間も6ヶ月?1年程度となっているため、主婦の方や社会人の方などにとっては、この方法が最短ルートだと言えます。

 

また、保育に関係の無い大学などを出ている場合にも、こちらの方法が有効となります。

 

国家試験を受験する際の注意点

国家試験を受験して、保育士の資格を取得するルートであれば、注意しておかなくてはならない点があります。それは、いくつか受験資格があるということです。

 

細かく指定されているのですが、大まかな範囲で説明するとすれば、以下のようなものが挙げられます。

 

・大学を卒業(卒業見込み有り)
・短大を卒業(卒業見込み有り)
・専門学校を卒業(卒業見込み有り)
・高校卒業後に児童福祉施設で2年間(2,880時間)以上の勤務経験
・中学卒業後に児童福祉施設で5年間(7,200時間)以上の勤務経験

 

これらのいずれかを満たしていなくては、保育士の資格が取得出来ないということになります。ちなみに、大学や専門学校、短大などは、保育に関する学部ではなくても良いということになっています。

 

最短で保育士になるには?

つまり、最短で保育士になるためには、国家試験に合格するという方法が一番だと言えます。勉強する範囲なども多岐に渡りますので、通信講座などの力を借りて勉強を進めるのが最適です。

 

受験資格に、保育関連の学部などは指定されていませんので、社会人になってから保育士を目指すということが可能となり、比較的受験しやすい資格です。

更新履歴